FC2ブログ

ピアノはやめます

ピアノの先生に気付いたひろ子ちゃんはまあばあちゃんと邦ちゃんの後ろに隠れました。
まあばあちゃんはそっとひろ子ちゃんを抱き寄せました。ひろ子ちゃんはまあばあちゃんのキュウと手を握ってきました。
「邦子、ええとこに居てたわ。今そこでピアノの先生と話しててん。またみてあげてもええ言うてはるで。」
邦ちゃんは返事をしませんでした。
「邦子、どないしたんや。黙ったまんまで。」
お春ちゃんが促しても、邦ちゃんは何も言わず顔をこわばらせていました。
「すんまへんな~。お義母さん、ひろ子はピアノを止めましたんや。」
おっちゃんが言いました。
「そやかて、あんた、ひろ子のために言うてピアノ、ええのん張りこんでたやん。もったいないやんか。」
「もう、決めましてん。構わんといてください。」
おっちゃんの言葉にピアノの先生が噛みつきました。
「そんな事、言われても困ります。ひろ子ちゃんの事は南先生に頼まれてるのに! 途中でやめられては!」
「南先生には、こっちからちゃんと言うときますから。この前言うたようにピアノはキッチリやめさしてもらいますさかい。宜しゅう頼みます。」
おっちゃんには珍しく強い言葉で言いました。
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

温かなお言葉、ありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
ポチポチ
sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR