うちらは繊細

「あ、あれ見てみ、お豊ちゃんや。」
次の日の朝、散歩に行くとお豊ちゃんがもう来ていました。
「お豊ちゃ~ん!」
お春ちゃんは、大きく手を振りながら呼びました。
お豊ちゃんはこちらを振り向くと手を振りながら近づいてきました。
ハッピーちゃんとカイちゃんも嬉しそうです。
「お早う。まあちゃん、お春ちゃん。もう来てるかなっと思ってハッピーらと池の周りをクルクルまわってたんよ。」
「あんた、久しぶりやのにそんな張り切ったらアカンで。」
「え? どうして?」
「あんまり早よから歩いたら、頭の血管が切れてヨイヨイになるで。うちらの年頃は繊細なんやで。」
「ほんまやわ。散歩に行こうと思ったらウキウキしてきて。ウッカリしてたわ。」
足元ではハッピーちゃん達とジロがほたえています。みんな嬉しそうです。
「あ、お日様が顔を出したわ。」
まあばあちゃんが言うと、
「あ、ほんまや。手合わせとこ!」
3人揃って太陽に向かって手を合わせました。

関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR