FC2ブログ

梅の花

あれから1週間―――不思議なことに、吉川さんは来ませんでした。
お豊ちゃんの顔もだんだん明るくなってきました。まあばあちゃんもお春ちゃんもお豊ちゃんの元気になっていく姿を見て安心しました。
「ぬくうになってきたし、あんた、明日、6時頃から散歩行かへんか? なんや体がなまってきたし、ジロらも散歩減らされて嫌やろ?」
「ほんまやわ。歩かないと今度は体がダメになってしまうもんね。吉川さんが怖くて、長い間、外に行ってないもんね。ゴメンね。ハッピー、カイ。」
お豊ちゃんはハッピーちゃんとカイちゃんの頭を撫でました。
二匹は嬉しそうにお豊ちゃんの膝の上に頭を乗せました。
朝の風はまだひんやりとしていますが、堺の町は春の気配を感じます。
「そや、あんたんところの梅の花、見せてもらうの忘れてしもたなぁ。今年はパタパタしてて……」
「ほんとやわ。今年は見そびれたわ。」
お豊ちゃんが言うと、お春ちゃんは
「あんた、何言うてんのや。あんたの庭にある梅の話やで?」
「それが、吉川さんが怖くて、庭に出てなかったの……」
お豊ちゃんが寂しそうに笑いました。
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR