まあばあちゃんも……

心配になったまあばあちゃんは片付もそこそこに、ミミちゃんをシルバーカーに乗せて、ジロと一緒にお豊ちゃんの家に向かいました。
家を出てしばらくすると、お春ちゃんがシルバーカーを押して帰ってくるのが見えました。
「まあちゃん、ゴメンやでいっこも戦力にならんかったわ。」
お春ちゃんは困ったという顔をしました。
「今度は私が行くわ。お春ちゃんは一旦休憩してちょうだい。疲れたでしょう。」
まあばあちゃんが気遣うと、お春ちゃんは
「いや、私も行くわ。一人より二人や。お豊ちゃんには出直してくるって電話してん。」
「そう。私も電話してみるわ。」
まあばあちゃんが電話すると、お豊ちゃんはすぐに出ました。
「お豊ちゃん大丈夫? 今から行くからね。待っててね。」
「ありがとう。ありがとう。ごめんね。まあちゃん。」
お豊ちゃんは涙声でした。
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR