FC2ブログ

もう、友達と違うよ……

「あ、あ、あんたな~!」
お春ちゃんは顔を真っ赤にして怒り出しました。
吉川さんもビクッとしました。
「まあちゃんが、毎日毎日、あんたのご飯作って持って行ってたん忘れたんか! そんなんしてくれる人おらんで! あんたはちっとも有難いと思ってなかったんやな!」
「お春ちゃん」
まあばあちゃんもお豊ちゃんも血圧が心配になるほど、お春ちゃんは怒っていました。
「お春ちゃん、落ち着いて……」
まあばあちゃんがお豊ちゃんを見ると、お豊ちゃんは頷いて
「お春ちゃん、こんな話していても仕方ないから、もう家に入りましょ。」
お豊ちゃんの言葉にハッとして、
「そや、あんた腰痛いのに出てきたんやな。入ろか……」
「大丈夫やよ。」
「あかんあかん。入ろ。吉川さんも早よ。帰りや。」
「お豊ちゃん、腰痛いの? 私、いた方がええんちゃうの?」
「おかまいなく……」
「ちょっと、この寒いのに追い返すの? 友達でしょ?」
この言葉にもお春ちゃんは、怯まず答えました。
「もう、友達と違うで。あんたから離れて行ったんや。」
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR