お祝いしたい!

「なぁ、まあちゃん、ピアノの先生ところの話、知ってるか?」
「なあに?」
「ピアノの先生あのカッコのエエ人つかまえたみたいや。」
「え?」
「さっき、新聞取りに行ったらなピアノの先生のお母さんが歩いてはったんや。ほんであいさつしたらそのこと教えてくれたんや。」
「まあ!」
まあばあちゃんもチョコチョコお豊ちゃんに話を聞いていて、そうなれば嬉しいと思ていました。
「何か、この4月に結婚するそうや。次の日曜日にうちにも挨拶に来るって言うてはった。」
「まあ! それは目出たいことだわ。何かお祝いしなくちゃ!」
まあばあちゃんは嬉しくて飛び上がりたい気持ちでした。
「結婚式言うても内輪でするらしいわ。先生のお父さんも仕事に復帰して間もないしな。」
「そうね。それがいいわ。でも、何かしたいわ。」
「そやな~。若い人らやから何がええやろ~。」
お春ちゃんもウーンと考えました。
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR