FC2ブログ

オッチャンが野菜を持ってきてくれた

まあばあちゃん達がお庭の掃除を終えて、お茶を飲んでいると、
ピンポーン、ピンポ-ンとインターフォンがなりました。
「誰かしら?」
「ばーちゃーん。」
「あら!」
オッチャンの声です。
玄関に行くと、オッチャンが白菜を持って立っていました。
軽トラにも大根や白菜がたくさんのっています。
「いやな。さっき見廻り隊終わって畑に行ったら、みんな大きいに育ってったから引っこ抜いてきたんや。ばあちゃんに漬物つけてもらおう思って。」
「まあ、立派に育って美味しそう。」
「上がって上がって今。お茶入れるわ。」
「アカンアカン。わし、畑の帰りで泥だらけやから、裏にまわらしてもらうわ。」
「わあ! エエ大根やんか! おでんにしたら美味しそうや。」
お春ちゃんも嬉しそうに笑いました。
「あんた、仕事は?」
「わしの仕事は、家の中を切ったり叩いたりする仕事やから、正月から家の中、騒がしたらあかんと思いまして。松の内はおとなしゅうしとこうと思いまして。すんません。」
オッチャンは申し訳なさそうに言いました。
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR