美しい朝焼け

「まあちゃん、ちょっとお願いするの早かったやろか?」
お春ちゃんが、少し心配そうに言いました。
「どうして?」
「まだ、お天道様、顔出してはれへんやろ?」
「大丈夫よ。こんなにきれいな朝焼けだもの。」
「そやな、今日は特に奇麗やな。金剛山がくっきり見えて。」
山際が薄紫になって、とっても神秘的です。毎日歩いてると、驚くほど美しい景色に会うことがあります。
「ほんと、神様はいつも私たちを見守ってくれてるわ。毎日毎日こうしてジロやミミちゃんの散歩に行けるって、とっても幸せなことよ。」
「ほんまやなぁ。」
「さ、池を回りに行きましょう。」
「あれ、まあちゃん、見てみ! お豊ちゃんもコナン君ところも来てるわ。」
「あら、ほんと!」
「お豊ちゃーん、お花ちゃーん!」
お春ちゃんが大きな声で呼びました。
「見て、ピアノ先生のお父さん達も歩いてはるわ。」
まあばあちゃんが気づくと、二人も気づいたのか手を振ってくれました。
「ちょっと明るくなってきたらよう見えるなぁ。」
明るくなってきた池の周りをお春ちゃんが嬉しそうに見ていました。
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR