配達さんかな?

ピンポーン、ピンポーン
まあばあちゃんの家のインターフォンが鳴りました。
時計を見ると、10時です。
「配達やろか? よっこらしょ」
お春ちゃんが立ち上がろうとすると、
「あ、お春ちゃん、私が近いから行くわ。」
と洗濯物を干していたまあばあちゃんが表に出ました。
「あらぁ! おはようございます。まあ、二人とも真っ黒になって! どこに行ってこられたんですか?」
まあばあちゃんの嬉しそうな声が聞こえてきました。
「ん? 誰やろ?」
大きな麦わら帽子をかぶっているので、お春ちゃんには誰だか分かりません。
男の人が二人来ているようです。
お春ちゃんは、ドッコラショッっと玄関をおりました。
「まあ、こんなにたくさん頂いていいんですか?」
「はい。……今朝は……5時から……二人で、本田さんの……畑に……」
「じゃあ、これはお二人が?」
「……は・い……」
3人の楽しそうな笑い声が聞こえてきました。
訪問者は先生のお父さんと、あのカッコイイ人のお父さんでした。
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR