爽やかな朝

「あの子ら見てたら、日本もなかなかやと思うなぁ」
お春ちゃんは、男の子達の後姿を見て、ポツリと言いました。
「ほんとね。」
「なあ、まあちゃん。この頃、若い人のさんざんな事件多いやんか、女の子がえらい目に遭わされたりするやん。大人になるまでに自分の人生かて滅茶苦茶になるって分からへんのかなぁ。」
お春ちゃんは、テレビのニュースを見てはよくため息をついています。
「死ぬんやったら、畳の上で往生して死にたいわ。玄関開けるなりグサリと包丁で刺されたら浮かばれんがな。痛いし怖いし……」
この前、老夫婦が若い女の人に襲われた事件を見て、怖がっていました。
世の中には楽しいこともいっぱいあるのに、どうしても悲しい事件や恐ろしい事件が心の中に深く入り込みます。
お春ちゃんは自分が事件にあったように、嘆いてばかりいます。
だから、いたずらな男の子にあったけれど、かえって心の中が晴れ晴れしたようです。
小さな男の子と少し話をしただけなのに、登校していく子どもたちの姿が、生き生きと感じられる爽やかな朝になりました。
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR