ひろ子ちゃんと車いす

「先生、マコちゃんのケーキは、おいしんだよ! 今度の日曜日に誘いに行くから、きっと来てね!」
ひろ子ちゃんは、先生に目をキラキラせて言いました。
「ありがとう。ひろ子ちゃん。」
「ひろ子ね、先生のお父さんの車いす押してあげる。いつもおばあちゃんの車いすを押してるから上手なんよ。」
そう言ってニッコリ笑いました。
「おばあちゃんて、どのおばあちゃんや? まあちゃん、押してもろたことあるか?」
「あるわよ。ひろ子ちゃんは力持ちだもん。おばあちゃんの車いす押してくれるもんね。」
まあばあちゃんに言われて、ひろ子ちゃんは嬉しそうにうなずきました。
「うん。トモ子お姉ちゃんと一緒に押すんだよ。」
「そうか。トモちゃんとな。」
お春ちゃんがなるほど、というように言いました。
「先生。ひろ子、ちゃーんと押せるから。見ててね。」
「ありがとう。じゃあ、日曜日のお迎え待ってますね。」
「うん。チビもヒメも一緒に行くから待っててね。はい。指切り!」
「はい。指切りね。」
先生とひろ子ちゃんは指切りげんまんをしました。
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR