まあばあちゃん、どこ行くの?

まあばあちゃんは、くるっと振り向いて帰りかけました。
「まあちゃん、まあちゃん、まあちゃん、どこ行くねん。」
お春ちゃんが、慌ててまあちゃんの手を握りました。
「離してちょうだい。誰がお春ちゃんを大切にしてるかも分からずに、苦しめてばかりで。昭雄さんばっかり大事にして。最後の最後にこれよ。もう、知らないわ。」
お春ちゃん、アワアワして言葉が出ません。
「ウワーン。ウワーン!」
お春ちゃんは、へたりこむと、あたりかまわず泣き始めました。
「こんなひどい目に遭ってるわたしを放っておくなんて、信じられへん~!」
「お春ちゃん。」
「まあちゃんに見捨てられたらどないしたらええんや。ウワーン」
もう、泣いて泣いて大変でした。
「お春ちゃん、もうお暇しましょ。ここはお春ちゃんの家じゃないのよ。」
まあばあちゃんが、お春ちゃんをたたせようと手を添えました。
「なんでや。ここは私が邦子のために、着るものも食べるものも節約して買った家やで。」
「そんなに邦ちゃんが大事なら、どうして、昭雄さんの好き勝手にさせてたの。今更、どうしょうもないわ。」
「ウワーン。ウワーン」
お春ちゃんは、さらに泣き喚きました。
関連記事
スポンサーサイト


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

風邪とか大丈夫ですか、私なんとか
薬でごまかしました。

いつも訪問ありがとうございます。
応援して帰ります。ヽ(≧▽≦)/ポチ全部
sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR