友達って心強いね

「私が行くわ。」
お春ちゃんが言いました。
「お春ちゃん。」
「私が一番暇なんやし。元はと言えば、私のせいや。ゴメンやで……」
まあばあちゃんは、まだ外で何か叫んでいる吉川さんをモニターで見ながら言いました。
「それにしても、難儀やなぁ。なんでこんなことになったんやろう。おとなしいて礼儀正しい人やと思ってたのに……」
お春ちゃんはため息ばかりついています。
「ほな、明日から来るから、元気出してや。」
「ありがとう。お春ちゃん、やっぱり一人やと心細くて……」
お豊ちゃんは、すまなそうに言いました。
「わたしも家の用事が終わったら来るから元気出してね。」
まあばあちゃんが言うと、
「ありがとう、まあちゃんも来てくれたら本当に心強いわ。二人とも本当にありがとう。」
それから、フッと涙をこらえるようにしてから、
「わたしはいい友達がいて幸せやわ。ホンマに……」
まあばあちゃんはその様子に、思った以上に大変なのだと思いました。


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
スポンサーサイト

分からなくなる……

「お豊ちゃん、来ないな目に遭ってるて、全然気ぃ使へんかったわ。ごめんやで……」
お春ちゃんが謝りました。
「本当にゴメンね。」
まあばあちゃんも謝りました。
「ううん。そんなん……だぶん、知らん顔してたら、そのうち来なくなると思うから……」
お豊ちゃんが元気のない声で言いました。
「わたし、明日から、お豊ちゃんの家に来てもいい? 吉川さんが諦めるまで。」
「そんなん、大変やん。いつの事か分からへんよ。」
「でも、一人だと心細いでしょ? 一人より二人よ。マコちゃんのいない間だけでも協力させて。ね?」
まあばあちゃんはお豊ちゃんの手を握りました。お豊ちゃんはポロっと涙をこぼしました。
「ありがとう。……本当はすごく心細かったんよ。頭がおかしくなりそうやったんよ。」
「お豊ちゃん。」
「こういうのって、あんまり続くと、家に入れないと悪い人みたいで……」
「何を言うとんのや。この間、居座られて難儀したばっかりやろ?」
「でも、よう分からんようになってくるんよ。」
お豊ちゃんはホッとしたのかシクシク泣き出しました。



読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

疲れちゃった

「せやけど、吉川さん、大変な人やってんな~。おっとろしいな。」
お春ちゃんは大きくため息をつきました。
「あんな人が、毎日毎日来たら、頭おかしいなってしまうわ。」
お春ちゃんは頭振りました。
「お豊ちゃん、大変だったのね。一人で難儀してたのね。」
まあばあちゃんも疲れたように言いました。
「うちらなんかさっき相手しただけで、疲れ果てたもんな。なんか病気にされそうや。」
「本当に……」
「えらい人に関わってしもうたな……」
「うん。」
「まあちゃんが、毎日毎日、ご飯持って行ってたんかて、ぜんぜん何とも思ってなかったんやなぁ……。わたし、ビックリして次の言葉が出んかったわ。」
お春ちゃんは、目にいっぱい涙をためて言いました。
「お春ちゃんのこともなんとも思ってなかったしね。」
お豊ちゃんが、お春ちゃんの背中を撫でながら言いました。
お春ちゃんは、うんうんと頷いて肩を震わせました。



読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

もう、友達と違うよ……

「あ、あ、あんたな~!」
お春ちゃんは顔を真っ赤にして怒り出しました。
吉川さんもビクッとしました。
「まあちゃんが、毎日毎日、あんたのご飯作って持って行ってたん忘れたんか! そんなんしてくれる人おらんで! あんたはちっとも有難いと思ってなかったんやな!」
「お春ちゃん」
まあばあちゃんもお豊ちゃんも血圧が心配になるほど、お春ちゃんは怒っていました。
「お春ちゃん、落ち着いて……」
まあばあちゃんがお豊ちゃんを見ると、お豊ちゃんは頷いて
「お春ちゃん、こんな話していても仕方ないから、もう家に入りましょ。」
お豊ちゃんの言葉にハッとして、
「そや、あんた腰痛いのに出てきたんやな。入ろか……」
「大丈夫やよ。」
「あかんあかん。入ろ。吉川さんも早よ。帰りや。」
「お豊ちゃん、腰痛いの? 私、いた方がええんちゃうの?」
「おかまいなく……」
「ちょっと、この寒いのに追い返すの? 友達でしょ?」
この言葉にもお春ちゃんは、怯まず答えました。
「もう、友達と違うで。あんたから離れて行ったんや。」


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

吉川さんの本音?

「あんた、取り壊す話が大家さんからあった時、承諾して10万円もろたんやろ。そやったら引っ越しせなアカンのに、最後まで粘りに粘って……」
お春ちゃんは絞り出すように言いました。でも、吉川さんはお春ちゃんの言うことにはどこ吹く風で
「とにかく、お春ちゃんのせいでこんなことになったんよ。少しは心配してよ。」
「吉川さん、あんた、お春ちゃんにもお金返してないでしょ。」
お春ちゃんとまあばあちゃんが驚いて振り返ると、お豊ちゃんが立っていました。
この寒いのに外へ出てきたら、また神経痛が出てしまいます。
心配で家の中に入って欲しいのですが、言える雰囲気ではありません。
「わたし、あんたにお金なんか借りてないわよ。」
吉川さんはお豊ちゃんの友達だと言い張るわりに、いつも見下したものの言いようです。
「お春ちゃんに生活費、みてもらってたでしょ。」
「でも、お宅に言われることと違うでしょ!」
「吉川さん、お春ちゃんの好意にそんな言い方ないでしょ。お春ちゃんが気の毒すぎるわ。家賃はもちろん電気代から水道代から、家の家財の面倒まで見てくれたのよ。」
まあばあちゃんが見兼ねて言うと、
「わたし、まあちゃんには何もしてもらってないわ。偉そうに言わんといて下さい。」
木で鼻をくくったような言いようでした。


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

吉川さんの言い分

「寒いからうちらは中に入るわ。あんたも早よ家に帰り。まあちゃん、さ、入ろ。」
お春ちゃんは、まあばあちゃんに言いました。
「お春ちゃん、お春ちゃんのせいでこんなことになったのに、知らん顔するの?」
「私のせい? なんのこっちゃ?」
お春ちゃんは驚いて振り返りました。
「だって、そうでしょ? あんな、すぐに取り壊す家を紹介して……。知ってたんでしょ? 取り壊すこと……」
「な、……何を言うとんのや……」
「それに、わたし、お春ちゃんに言われなかったら、息子の家も出てないし、居場所がなくなることもなかったわ。」
「そら、すんまへんな。余計なことして。」
「すまないって思うんなら入れてよ。」
「……あ、あ、あんたなぁ~!」
お春ちゃんは怒りのあまり次の言葉が出ないようでした。
「それは、あんたが息子夫婦に年金取られて、お金ない言うから。あんたも次の年金からは自分のために使う言うてたやろ。それまでの仮住まいちゅうことやったやろ……。大家さんかて、あんたの事ぜんぜん知らんから貸すの渋ってたんやで、それを私が中に入って」
「私、頼んでないわ。お春ちゃんが勝手にしたんよ。」
「なんやて~……」
お春ちゃんは開いた口がふさがりませんでした。


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

家の中に……

「まあちゃん、まあちゃん、黙ってないで中へ入れてよ。」
吉川さんが哀れそうな声で言いました。
「お豊ちゃんが嫌がってるのに、どうして入れられるの? それにマコちゃんも嫌がってるんでしょ?」
まあばあちゃんの言葉に、
「嫌がられてなんかないわ。きっとお豊ちゃんが私の悪口を吹き込んでるのよ。誤解されてるみたい。」
「でも、この前、お友達として来てくださいって、家政婦の真似事は止めてくださいってマコちゃんに言われたでしょ? 私、一緒に聞いたわ」
「だから、友達として来てるのよ。」
「お豊ちゃんの?」
「そうよ。」
吉川さんはいったい何を言ってるのでしょうか?
吉川さんが朝の散歩に参加してから、吉川さんが苦手なお豊ちゃんは散歩コースを変えたくらいです。なんになぜか突然、訪ねて行って居座って大変だったのに……
 まあばあちゃんも疲れてきましたが根気よく言いました。
「お豊ちゃんは吉川さんに会いたくないって言ってるわよ。」
「もう、こんなところで立ち話もなんだから、入れてよ。冷えてきたわ。まあちゃんも風邪をひくわよ。」
まあばあちゃんは、吉川さんの言いように呆れてしまいました。


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

話が通じない

「吉川さん、どないしたん。お豊ちゃん、困ってるで。」
お春ちゃんは吉川さんに言いました。
「どうして? 友達が訪ねて来て何が悪いの?」
吉川さんは、自分が何をしたのか忘れてしまったのでしょうか?
「でも、あんた、働きたいって言いに来たんやろ?」
お春ちゃんが聞くと、
「そうよ。だから、御主人と話したいのよ。」
「マコちゃん、断ったんやろ。ルリちゃんもいるし。心配いらんから……」
「私の説明が分かりにくいみたいで、きちんと話せばわかると思うの。それにあんな若い子に何ができるのよ。」
「ルリちゃんのこと悪ぅに言わんといて。私、あの子、好きやねん。」
「あ、ごめん、言い方が悪かったわ。先生をしていたからか私から見ると,
どうも物足りなくて……」
「あのな、マコちゃんもお豊ちゃんも間に合ってるって言うてるねん。あんた、毎日来てるそうやんか。先生なんやから人の迷惑も考えや。」
「そうよ。毎日来てるのに、入れてもくれないの。ひどいでしょ。お春ちゃん達は入れたのね。なんでよ。なんで、私を入れてくれへんのよ。」
吉川さんは、ぜんぜん話が通じません。


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

いつもはどんな?

「えろう吠えてるから、近所迷惑やろ。いつもこんなんか?」
お春ちゃんが心配そうに言うとお豊ちゃんは、
「ううん。いつもは雨用の庭に離してるの。今日は忘れてしまって……」
「あめよう?」
「雨の時、庭に出れないでしょ?」
「あれやな、屋根付きの庭やな。」
「あ、そうそれ」
「そやけど、吉川さん、何言いに来てるん。」
「家が広いから、住み込みで働かせてくれって……」
「ええ! そんなん言うてんの!? 難儀やなぁ……」
「マコちゃんが何度も断ったんだけど、ぜんぜん……それで、もう放っておこうって二人で決めたんよ。」
「そやなぁ~。ええ大人がこんなことで警察呼ばれへんもんな。」
お春ちゃんはため息をつきました。まあばあちゃんもいい案が浮かびません。
「しつこいなぁ。こんな人とは思わなんだわ。」
お春ちゃんはまた、ため息をつきました。
「ごめんね。お春ちゃん。ビックリしたでしょ」
お豊ちゃんが謝ると、
「何言うてんのや。元はと言えば、私が深入りしすぎたからや。ゴメンやで」
お春ちゃんも謝りました。
「ほな、ちょっと行って、もう来んといてって言うてくるわ。」
「お春ちゃん、無駄よ。放っておいたらいつか帰るから……」
お豊ちゃんが止めました。
「そやかて大変やろ。ちょっと行ってくるわ。」


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

意外な人

「あ、待って、ここでも見れるの。」
お豊ちゃんはハッとしたように、お春ちゃんに言いました。
モニターに、映っていたのは……
「え? ……吉川さん?」
「なんか言うてるわ。えーっと、どないするんかいな。お豊ちゃん」
「このボタン押すの。」
『まあちゃん、お春ちゃん、そこにいるんでしょ? 入れてよ……』
「な、なんやなんや……」
お春ちゃんとまあばあちゃんは飛び上がりました。
『分かってるのよ。聞こえてるでしょ。返事してよ……』
「うちらのことは見えてんのか?」
「ううん。」
「びっくりした。いきなり名前、呼ぶもんから見えてんのかと思たわ。」
お春ちゃんはホッとしたように言いました。
「……吉川さん、毎日来るのよ。」
「ええ! 毎日?」
――――ワンワン。ウー! ワンワン!!―――
ジロとハッピーちゃんとカイちゃんが怒った様子で吠えています。
ミミちゃんはまあばあちゃんに抱かれて幸せそうに眠っています。
吉川さんは、イラついた様子また呼び出しボタン押し続けていました。


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

続きを読む

インターフォンが鳴る

会話が途切れ、シーンとなってしまいました。
気まずい雰囲気にお春ちゃんは、
「あんた、もう体冷やしたらあかんで! アンタところは屋根にええもんついてるんやから電気代いらんはずやで! わたしなんか冬の間はアンタんところの行こかと思うくらいやで! せやのに、ちゃんとせんと!」
「うん。あ、背中ポカポカしてきたわ。まあちゃんカイロありがとう。」
「良かった。今日は私たちが夕食を作っていくから。電子レンジでチンして食べてね。何がいいかしら……」
まあばあちゃんが立ちかけると、お春ちゃんが、
「まあちゃん、まだええやんか。そんなんすぐ出来るもん。 もうちょっと生姜湯、飲もうよ。部屋もぬくうなってきたし。」
「そうね、あ、そうそう、カイロと一緒におやつも買ってきたんだった。」
「やっぱり! まあちゃんはぜったいおやつも買ってると思たわ。」
お春ちゃんは大喜びです。
―ピンポーン、ピンポーンー
「あ、誰か来たで。かっこエエ人のお父さんやろか?」
「違うわ。マコちゃんが居ないの知ってるもの。」
―ピンポーン、ピンポーン、ピンポーンピンポーン、ピンポーン
インターフォンは休むことなく鳴り響きます。
「なんや、忙しないな。何回も鳴らさんでも分かるがな。」
お豊ちゃんは暗い顔をして、固まっています。その様子にお春ちゃんは、
「あんたんところ、インターフォンで顔見れたな。私が見て来るわ。」
お春ちゃんが、ヨッコラショっと立ち上がりました。


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

一緒に暮らせば……

「え? 朝、話してきたで。ピンピンしてたで? 嬉しそうに娘さんの結婚のこと話してたで」
「結婚の話が決まってすぐに倒れて、救急車で……、三日前に帰ってきたのよ。」
「そうかいな。体弱い言うてたけどなぁ……大変やな。」
「そうなの、今度は心臓だそうよ。それでピアノの先生の家にみんなで一緒に暮らしましょって話になったそうよ。」
「そらエエわ。安心や」
「でもね。息子さんのお父さんは残るって」
「残るって、この隣に?」
「ええ。」
「へぇ……、自分も体、不自由やのに、息子と一緒に行ったらええのに……」
春ちゃんは不思議そうです。
「でも、足が少し悪いだけだもの。一人でも大丈夫だと思うわ。」
「そうかなぁ……」
「そうよ。遠くに行くわけじゃなし。会おうと思えばいつでも会えるんやから……。そんなに心配いらないよ」
「…………」
お春ちゃんが、ジーっと音ちゃんを見つめます。
「どうしたの?」
「や、なんか冷たいなぁと思て……、お豊ちゃん、ちょっと薄情やと思うわ。」
「そんな……、やめてよ。薄情だなんて……」
お豊ちゃんは、お春ちゃんのコップに生姜湯をたしながら言いました。


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR