オッチャン


日曜日の朝、散歩を終えたまあばあちゃんは、今日も表の道路の落ち葉を集めていました。
ころころ転がりながら落ち葉はまあばあちゃんの目の前を走って行きます。
少し前の落ち葉は赤や黄色の色鮮やかな楽しいものでしたが、今、まあばあちゃんの掃き寄せている落ち葉は、枯葉色の淋しいものばかりです。
銀杏の黄色ももみじの赤も色あせています。
「おばあちゃん。ここにいたん。私も手伝うから。」
と、元気なトモちゃんが、まあばあちゃんの側に走り寄ってきました。
「はい! ここにどうぞ!」
そして、落ち葉 を入れやすいようにビニール袋の口を広げて言いました。
「おばあちゃん、後は私がするから。」
「いいの、いいの。トモちゃんはお家に入っていなさい。」
ふたりで、そんなやりとりをしていると、後ろから大きな声をかけられました。
「ばあちゃん。いも食うか。」
声をかけてきたのは、自転車の前と後ろの篭にサツマイモを一杯乗せたオッチャンでした。
散歩してる時に、よく出会うオッチャンです。
「嬢ちゃん。家から袋を取っといで。」
と、今度はトモちゃんに声をかけてきました。
「今日は、朝から芋掘りで、疲れたわ。」
そう、言いながらオッチャンは、どんどんトモちゃんの持ってきたビニール袋の中にサツマイモを入れています。
「オッチャン。有難う。嬉しいな。こんなに、たくさん!」
「*のうなったら、また持って来たるよ。」    ≪*のうなったら=無くなったら≫
「ほんとう!」
「おう! 芋かて食ってもらってナンボよ。」
トモちゃんと、オッチャンの楽しい会話が続きます。
側で見ているまあばあちゃんも、とっても嬉しそうです。寒い朝なのに、心は温かです。

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
スポンサーサイト

お揃いのマフラー


「あっ、オッチャンのマフラー!」
トモちゃんが、オッチャンの首に巻かれた黒と白の毛糸で編んだマフラーに気づいて、素っ頓狂な声を上げて言いました。
「これか、これええやろ! 嬢ちゃんのばあちゃんにもろたんや。」
「とっても、似合ってるよ!」
「こんなん、どこにも売ってないからな。重宝しとるよ。」
オッチャンは、しわしわの顔で嬉しそうに笑って言いました。
まあばあちゃんの作るマフラーは首だけを巻くことの出来る短くて小さいものです。
「オッチャン、見て。私も同じマフラーよ。おばあちゃんが編んでくれたんよ。可愛いでしょ。」
「ほんまや、よう似おとるわ。いつもばあちゃんと一緒に歩いとる和犬も同じマフラーしとるなあ。そうか! わし、似おてるか?」
まあばあちゃんは、冬になるといつもコタツで、なにか編んでいます。マフラー、手袋、靴下・・・・。この頃はジロやミミちゃんのお洋服にも挑戦しているみたいです。今までは、1色の毛糸で編むことが多かったのですが、今はボーダーが多いです。まあばあちゃんはいつも縞模様と呼んでいます。
「ほな、オッチャンは行くで。今日は小学生の見守りをせなあかんから。」
オッチャンはそう言うと、自転車を元気よくこいで遠ざかって行きました。
まあばあちゃんの住む町では、小学生の子が登校するとき、大人の人が町の角に立って見守るのです。オッチャンは、その見守りに参加しているのです。
「え?! ちょっ! オッチャン。待って、待って!」
トモちゃんが、慌てて、走りながらオッチャンを呼び止めました。オッチャンは、(どうしたのかな)っと振り返りました。
「オッチャン。今日は日曜日やよ。学校はお休み!」
トモちゃんは、全速力で走ったのでふうふう言いながら、伝えました。
「あっは。そうか、今日は日曜日か、見守りは明日の月曜日やったわ。オッチャン。うっかりしとったわ。もう、ボケてきたんか分からんな。有難うやで。」
オッチャンは嬉しそうな顔をして、ガハハハと笑うと、まあばあちゃんの編んだマフラーをつまんでウインクをすると、自転車に足をかけました。そのウインクはへたくそで、両目をつぶっていました。トモちゃんも、まあばあちゃんの編んでくれたオッチャンとおそろいのマフラーの先をつまんで、ニコッとして手を振りました。オッチャンは、トモちゃんに手を振り返しながらニコニコしながら遠ざかって行きました。

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

嬉しいお芋


「おばあちゃん。嬉しいね。お芋さんこんなにたくさん頂いて。」
トモちゃんが嬉しそうに、頂いたサツマイモをお家の中に運んでいます。
「そうなの、いつも頂いてばかりで・・・申し訳ないやら、有難いやらで、おばあちゃん、どうしたらいいのか分からなくなってしまうの。」
まあばあちゃんは、顔をクシャクシャにして笑っています。
オッチャンのサツマイモは、湿った土が付いています。まさに今まで畑の中にあったという感じです。
「おいしそうなサツマイモやね、おばあちゃん。」
「ほんとね。」
サツマイモのオッチャンは、2年前に奥さんを亡くして今は一人ぼっちです。
いつの頃からか、まあばあちゃんと散歩のときに出会うようになって、挨拶をするようになりました。「寒いね。暑いね。」と気候の挨拶から始まって、今は畑で作った季節ごとのお野菜を頂ける親しさになっています。
近所で貸し農園を借りてたくさんの野菜を作っているそうです。でも、一人じゃ食べきれないので、いつもまあばあちゃんに採れたての野菜を持って来てくださるそうです。
おねぎに、ゴーヤに、なすびに、きゅうり。
オッチャンは何でも上手に作ります。そして新鮮な野菜をまあばあちゃんに届けてくれます。
「トモちゃん。今日は、このサツマイモでスイートポテトを作りましょう。おいしく出来たら、オッチャンに持っていきましょう。」
「おばあちゃんは、オッチャンのお家知ってるの。」
オッチャンの家はトモちゃんの家の3筋向こうにあって、そんなに遠くじゃありません。
「ええ、もちろんよ。奥さんもいい人だったのよ。」
「へえ、そうだったの。」
「町会の当番のときにお知り合いになったんだけど、本当に優しい人だったわ。」
まあばあちゃんは、オッチャンの奥さんのことを思い浮かべながら、しみじみ言いました。
「奥さんが、生きておられたらどれだけ良かったかと、あのご主人を見ているといつも思うわ。」
「そうなんだ。 ……オッチャン、そんな感じしなかったな。いつも明るいから」
と、トモちゃんが言いました。
トモちゃんは、オッチャンの笑顔を思い出して(偉いな。)と思いました。悲しみや淋しさを隠して、ガハハハと明るく笑っているオッチャンを立派だと思いました。

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

まあばあちゃんのスイートポテト


まあばあちゃんのスイートポテトというのは、大学芋のことです。
どういうわけか分かりませんが、
とにかく、トモちゃんの小さな頃から、まあばあちゃんは大学芋をスイートポテトと呼んでいました。
まあばあちゃんの家では大学芋がスイートポテトなのです。
トモちゃんもそう覚えていましたが、給食とかテレビとかお友達のお家でお呼ばれしたりしる内にスイートポテトと大学いもが違うことを今は分かっています。
トモちゃんが、家庭科の実習でスイートポテトを作った日、まあばあちゃんにも食べてほしいと思って持って帰りました。
「おばあちゃん、今日ね、スイートポテトを作ったの! どう?」
「まあ、学校のスイートポテトは違うわね。おいしいわ。裏ごししてあるのねぇ! へぇ !」
「あのね……」
トモちゃんは説明しようと思いましたが、あんまり喜んでくれるので言いそびれてしまいました。
そういえば、ずいぶん前、ケーキ屋さんでスイートポテトを見かけた時も
「あら、家で作るスイートポテトと違うわね」
返事してくれました。
どうも、ケーキ屋さんのスイートポテト、お家で作るスイートポテトと分けているようです。まあばあちゃんはスーパーの総菜売り場に興味がないらしく見にも行かないので、【大学芋】のラベルにも気付くことはありません。
そのため、今でもまあばあちゃんにとって大学芋がスイートポテトです。

ともかく、まあばあちゃんはスイートポテトを作りはじめました。
サツマイモの土を落として、皮をゴシゴシ洗います。
今までは、皮をむいて一口大の乱切りにし、水を切って、油で揚げて、砂糖で作った蜜を絡めて出来上がりだったのですが 、
今は、切った後、お皿に並べてラップをかけて、電子レンジで軽くチンしてサツマイモを柔らかくしてから、油で揚げています。
熱々のカリカリのお芋は、甘くてとてもおいしいです。トモちゃんはついつい一口二口と、つまみ食いをしています
ジロもミミちゃんもトモちゃんの足元でつまみ食いのお手伝いをしています。いけない子ですね。
さあ、出来立ての“まあばあちゃんのスイートポテト”がたくさん出来ました。
「おばあちゃん、オッチャンの所へ早く届けに行こう。」
「喜んでくれるといいんだけど……」
まあばあちゃんは作る前は張り切っていたのに、急に心配顔になりました。
「大丈夫! おばあちゃんのスイートポテトはおいしいんだから!!」
トモちゃんが嬉しそうな顔で言いました。
まあばあちゃんを車椅子に乗せて、ジロとミミちゃんと一緒に、出発進行です!

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

オッチャンの涙


「ごめんください。」
トモちゃんが、オッチャンの家のインターホンを押して声をかけると、
「ほ~い。」
と、オッチャンの元気な声が聞えてきました。そしてガラガラと玄関の戸が開いて、オッチャンが嬉しそうな顔で出てきました。
「オッチャン。これ……」
トモちゃんがそう言って、ピンクと白のタッパーに入れた大学芋を渡しました。
「うまそうな、スイートポテトやな。」
(ええ! オッチャンも大学芋をスイートポテトっていうの?)
トモちゃんはびっくりしました。そして思い切って言ってみました。
「オッチャン、これ、大学芋です。」
「へえ~、芋にも大学が付くんや。えらい出世したもんやなあ。」
と、あきれ返った顔をして言いました。
「ううん、そうじゃないの、サツマイモを揚げて蜜に絡めたのを大学芋って言うの。」
「いやあ、これはスイートポテトやで、英語であま~い芋と言う意味やで、」
(ん? 確かに……)
オッチャンの言葉が言い得てるので、次の言葉が出ませんでした。
(いや、でも……大学いもはスイートポテトではナイんやけどな。う~ん……)
トモちゃんは頭をひねってみましたが。返す言葉が見つかりませんでした。それにオッチャンの言うほうが良いような気がしました。おいしく食べれる方がいいんですから! 
「ほんとね、オッチャン。スイートポテトと言うほうがおいしそうだもんね。」
「そやで、芋もあんまり賢こなると、勿体のうて食べられへんで、まして大学なんて言われたらよけいにな」
オッチャンは、大きく頷いて言いました。
「オッチャン、スイートポテト、好き?」
「大好きやで、ほんとに、有難うな。」
「良かった。」
「いっつも有難うな。あんばいしてもろて。」
そう言ったオッチャンの目は、すこし潤んでいました。
「じゃあ、オッチャン。帰ります。」
トモちゃんが、ペコッと頭を下げてお辞儀をして言いました。その様子をオッチャンとまあばあちゃんは、ニコッとして見ています。
トモちゃんが、もう1度頭を下げて車椅子を押し出すと、しばらくして家の中からチーンとお仏壇のお鈴を鳴らす音が聞えてきました。オッチャンが、亡くなった奥さんにスイートポテトをお供えしてお祈りしている姿が浮かんできて、まあばあちゃんとトモちゃんの心がポカポカ温かくなってきました。

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ



読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

びっくりトモちゃん


「チビちゃん。お腹空いたでしょ。」
あれから、三日、小さな犬のお家の人に会えないでいます。
今日もトモちゃんはドッグフードを持ってきました。もちろん、まあばあちゃんも一緒です。
「ちょっとだけ、お肉が付いてきたね。」
トモちゃんは、小さな犬を優しく撫ぜながら言いました。。
「どないしたんや!」
突然の大きな声に、トモちゃんはビックリしてひっくり返りそうになってしまいました。
「もう~。オッチャン! ビックリするじゃない。」
いつも、おいしい野菜を届けてくれるオッチャンでした。
「こっちの方が、びっくりしたで。トモちゃんが溝にはまっとるさかい。それに、ばあちゃんは心配そうに見とるし。ホンマにどないしたんや。」
「シーッ! もう、オッチャン、声が大きいよ!」
オッチャンは、訳が分からないという顔をしています。
「あのね、ここに、小さな犬がいるの。」
どれどれというようにオッチャンは、ヨッコイショと溝をまたいで、柵を覗き込みました。
「なんか外国の犬やなあ、黒と茶色の。えっらい痩せとんで、トモちゃん。」
「もう、オッチャン! 声が大きいよ。ここのお家の人に聞えたらどうするの。」
「なんでやな。痩せとるもんに痩せとる言うてどこが悪いねん。飯ぐらい腹一杯食わしたらんと! こんな綺麗な家に自分らは住んでて、犬には飯もやらんのかいな。どういうこっちゃねん。ほんまに。」
涙もろいオッチャンの目は、少し潤んでいました。
もし、お家の人が中にいて聞えていたらどうしよう! トモちゃんはドキドキしました。
本当は、小さな犬のお家の人と穏やかにお話して、家の中に入れられない事情があるなら、自分たちに託してほしいと言ってみるつもりでした。
「もう、オッチャンのおかげで、ムチャクチャやわ……」
「なんでやな、この犬、ほっといたら死んでまうがな、ちっさいのに、ほんまに殺生なことしよる。この寒いのに毛布の1枚も入れたらんと!」
オッチャンは、怒っていました。怒りのあまり手がぶるぶる震えています。
「じゃあ、オッチャン。そろそろ帰るね。私たち。」
「ああ、早よう帰りや、だいぶ冷えてきたし。ばあちゃんも風邪ひいたらあかんで、ほな、さいなら。」
トモちゃんは、オッチャンを一人残して帰るのは心配だったけれど、まあばあちゃんの体のことも気になって、一旦家に帰ることにしました。


読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ



読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

オッチャンの胸の中に


「トモちゃん、今晩からまた寒くなるらしいわよ。」
まあばあちゃんが、不安そうに言いました。
きっとあの小さな犬のことを気にしているんでしょう。
「心配やね。あの子、今夜も寒さに耐えながら眠るんやね……」
トモちゃんはもどかしくてしかたありませんでした。
自分の無力さが悲しくてなりませんでした。
どうすれば小さな犬のお家の人に会えるのか―――
「トモちゃん?」
トモちゃんが押し黙ったので、まあばあちゃんは心配そうにトモちゃんを見ました。
「ねえ、おばあちゃん。私、明日からあのお家の側で頑張ってみる。1日中、家から出てこないなんて考えられないもの。」
「そんな……、一人じゃ心配だわ」
「大丈夫! ジロとミミちゃんを連れて行くわ」
「トモちゃん、行く時はおばあちゃんも一緒に連れて行って欲しいの。」
「明日は今日より、うんと寒くなるのよ。体に障るよ。私にまかせて! おばあちゃんが元気じゃないとチビちゃんが家に来たとき大変だもん!」
このままだと、まあばあちゃんは心配し過ぎて体を壊すと思いました。
なんとかして、あの小さな犬のお家の人に会わなければとトモちゃんは決心しました。
「ねっ、あの子が家に来た時おばあちゃんが風邪ひいてたらガッカリすると思うの!」
トモちゃんが、頑固に言うので、まあばあちゃんは仕方なく頷きました。

―――翌朝―――
「トモちゃん、お願い! やっぱり一緒に連れて行って……!」
まあばあちゃんは、もう一度トモちゃんにお願いしました。
「……おばあちゃん……」
「お願い! おばあちゃんも連れて行って、あの子の顔を見に行きたいの。」
もし、トモちゃんがダメと言っても、シルバーカーを押してついて行こうと決心していました。
トモちゃんは気が進まない様子でしたが、おばあちゃんの決意が伝わったのか、あきらめたような顔をして頷きました。

今日はグンと冷えて雪も降って来そうなドンヨリとした曇り空です。
まあばあちゃんは居ても立ってもいられません。
トモちゃんたちは、あの子の元へと急ぎます。
「ばあちゃーん! トモちゃーん!」
「オッチャン」
「おう、トモちゃん。今、トモちゃんの家に行って来たんやで。インターホン押しても、返事なかったから、こっちやと思うて、走って来たんや。」
おじさんは、ハアハア言いながら、自転車をカチャと立てて言いました。
「ええもん見したろか、トモちゃん。」
おじさんは、そう言って、ダウンのジャンバーのチャックを下げました。
「オッチャン! この子……」
「そや、チビちゃんや! あの子や。おばあちゃん、あの子あの子。」
小さな犬は、おっちゃんの胸の中でフワフワ眠っていましたが、ふっと目を覚まして、トモちゃんを見つめました。トモちゃんが手を差し出すと胸の中に飛び込んできました。

トモちゃんが、まあばあちゃんの膝の上に乗せると、まあばあちゃんの手をペロペロなめました。ジロとミミちゃんも嬉しいのかチビちゃんにクンクンしています。
チビちゃんも幸せそうにしっぽをハタハタさせて答えていました。

よかったね“チビちゃん”

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ



読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

ああ、幸せ


「オッチャン、どうしたの。この子。」
「あれから、ずっと見張ってたらな、夜中にあそこの家の者が帰って来てな。」
「えっ、オッチャン、あれから、ずっと……? 夜中まで?」
トモちゃんは、オッチャンの優しさに驚きました。
「せや、ほっとく訳にいかんやろ。こんなに小さいのに毛布の1枚も入れてもらわんと、この寒さや。死んでしまうと思ってな。」
「夜中って、ものすごく寒かったんじゃない。オッチャン。」
トモちゃんが、心配顔で聞きました。
「あっは。トモちゃんが心配することないで、寒い思いしとるこの子には悪いと思ったけど、途中から車に乗り換えて、あの家の横で張り付いてたんや。」
「オッチャン、あの家の人に怒られへんかった。」
「なんで、怒られなあかんのや、ほっといたらお宅の犬、死んでしまいまっせって、言うただけや。」
「あの家の人、なんて言わはったん。」
「自分の家に犬が居るのを忘れてたって、感じやったな。」
トモちゃんはオッチャンの一言に、とっても腹が立ちました。
(忘れてたって、それどういうこと!? この子は生きてるのに! )
愛くるしい目をした黒と茶の小さな犬は、幸せそうにまあばあちゃんの膝の上でうずくまっています。
「これからは楽しく暮らそうね」
トモちゃんは、そう言って小さな犬を撫ぜました。
「せやから、簡単に、引き取ってきたよ。」
「よかった。」
トモちゃんは、安心したように息をつきました。
「私、オッチャンが、なんだか、神様に見えるわ。」
「そうかあ。トモちゃんが、そう言ってくれるんなら、オッチャンは明日から、賽銭箱をぶら下げて歩かなあかんな。」
オッチャンは、ガハハハと、大きな声で嬉しそうに笑いました。
トモちゃんも、まあばあちゃんも、嬉しくて、久しぶりに心から笑いました。

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ




読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

トモちゃん先生


「ん? このポロポロしてるのなんや?」
手入れされずにいたせいでゴワゴワになった毛に、粉のような物がこびりついています。
ハッとして手や服を見ると、トモちゃんも、まあばあちゃんも、オッチャンにも茶色の粉がついていました。
「これ、ウンコだ……」
小さな犬の体についていたウンコが干からびて粉のようになっていたのです。
「ははっ! こりゃ、えらいこちゃな。みんなウンコまみれやがな。」
オッチャンは、服に付いた干からびウンコをはたきながら笑って言いました。
「わし、気ぃ付かんかったから、こいつを布団の中に入れて一緒に寝てしもうたがな。」
「へぇ、オッチャン、優しい。」
「寒いとこに、長いこと放っとかれとったから、温めたらなアカンと思ってな。ほんまにえらい目に合わされてたんやな。」
オッチャンはそう言うと、まあばあちゃんの膝の上でちぎれるほどしっぽを振っている小さな犬を抱き上げました。
「今晩から、晩酌の相手が出来て、わしも嬉しいよ。」
オッチャンは、ウンコまみれの小さな犬に頬擦りして言いました。
「おっちゃん、あかんよ。晩酌の相手なんて。ワンちゃんはね、濃い味付けの食べ物はアカンのよ。体に悪いねんよ。」
「へぇ、そうなんか。」
「そうよ。」
「ほな、何を食わしたったらいいんや。」
オッチャンは真面目な顔で聞きました。
「ドッグフードよ。スーパーにゴハンとかオヤツとかいろいろあるの。選ぶの楽しいよ」
そう言ってトモちゃんは、まあばあちゃんの車椅子から、この子に食べさせようと思って持ってきたドッグフードをおじさんに渡しました。
「よっしゃ、今から買いに行ってくるわ。」
「オッチャン、私、チビちゃん洗っとくわ。」
「えっ、洗えるんか。」
「もちろん。気持ちよくなって、すごく喜ぶよ。」
トモちゃんは、オッチャンから小さな犬を受け取ると、優しく抱きなおして小さな犬に言いました。
「サッパリしましょうね! じゃ、キレイにしたら、オッチャンの家に連れてくね。」
「トモちゃんは、何でも知ってるんやな。犬の大先生やな。これから、何でも教えてもらわんとあかんな。ほな、行ってくるわ」
「いってらっしゃい!」
オッチャンは、嬉しそうに笑うと、自転車を元気よく走らせてスーパーへと行きました。

幸せな年の暮れになりました。
今日から心も晴れ晴れ、
お正月の神様をお迎えするために大掃除をします。


年の暮れの話がお正月の更新になってしまいました。
申し訳ありません。


読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

まあばあちゃんのおせち料理


まあばあちゃんとトモちゃんがお家に帰ってくると、お父さんとお母さんが、コタツのテーブルの上に綺麗におせち料理を並べて、お祝いの支度をしていました。
「まあ、おいしそう、」
まあばあちゃんが嬉しそうに目を細めて言いました。
「さあ、お雑煮も出来ましたよ。」
と、おかあさん。
「なんだか、身が引き締まるね。」
と、トモちゃん。
「さっ、みんなで新年の挨拶をしよう。今年も健康で幸せに暮らせますように。」
お父さんの呼びかけで、まあばあちゃんはじめ、家族のみんなで晴れ晴れと新年の挨拶をしました。
ジロとミミちゃんもいつもと違う家族の雰囲気に、緊張して座っています。それを見てトモちゃんが、
「見て見て! ジロとミミちゃんもかしこまってる。かわいい。」
「あら、本当ね!」
と、まあばあちゃん。
「さっ、ご馳走を頂きましょう。」
と、お母さん。
「ねっ、おばあちゃん。黒豆はまめまめしく働けるようにって食べるのね。」
トモちゃんが黒豆を取り分けながら言いました。
「そうよ。くわいは芽が出るように、れんこんは向こうが見えるようにってね。」
と、まあばあちゃん。年末の慌ただしい中、2日間かけて一生懸命おせち料理を作っていたまあばあちゃん。
「おかあちゃん、牛蒡と昆布巻きを食べると長生きするのよ。しっかり食べて長生きしてね、頼りにしてるんだから。」
まあばあちゃんは、おかあさんにハッパを掛けられています。
まあばあちゃんの作る牛蒡や昆布巻きは柔らかくて、とってもおいしんです。
「ねえ、おばあちゃん。今頃、オッチャンとチビちゃんもおばあちゃんのおせち料理食べてるかな。」
トモちゃんが、ジロとミミちゃんに出し巻き卵をあげながら言いました。

大晦日におせち料理を届けたときのオッチャンの嬉しそうな顔と言ったらありませんでした。顔をくしゃくしゃにして喜んでくれました。
「これは、オッチャンの分で。こっちはチビちゃんの分よ。オッチャンの分は、チビちゃんに上げたら駄目よ。チビちゃんの分は、オッチャンが食べてもいいけど。」
と、トモちゃんが言ったら、
「おお! チビちゃんの分も作ってくれたんや! ありがとうな!」
と言って、満面の笑顔でした。

今年も良いことがいっぱいありそうな……。そんな予感のするお正月の朝でした。


読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR