まあばあちゃんとお豊さん


寒い日が続きますが、
お昼ご飯を食べた後のお散歩は、ほっこり暖かい太陽の光が差してきて、日向ぼっこが出来るような日もあります。
今日はそんな感じの良い日です。
まあばあちゃんは、ジロとミミちゃんを公園に連れてきて、足元で遊ばせています。
小春日和というのでしょうか。のどかでベンチに座っていると、うつらうつらしてくるような穏やかな日です。
「気持ちの良い日ですね。ここ、座らせて頂いてもよろしいですか。」
声をかけてきたのはお豊さんでした。
あまり親しくない人でしたが、お散歩友達のお春ちゃんに、お豊さんのことを聞いてよく知っていました。
あまり良い噂の聞かない人でした。
まあばあちゃんは、
「どうぞ。」
と、言いながら緊張している自分を感じました。
(まあちゃん、あんたの悪口も結構、言われてるから。気ぃ付けや。)
お春ちゃんは、こうも言っていました。
(お豊さんは、嘘つきらしいよ。お豊さんの旦那が言うてるんやから、間違いないよ。)
まあばあちゃんは、お春ちゃんにそう聞かされていました。
お豊さんとこのようにお話をするのは初めてのことです。
少し体を硬くしているまあばあちゃんに、お豊さんは、
「私のこと、杉野さんから、お聞きになっておられるでしょうけど……」
杉野さんというのはお春ちゃんのことです。
「もう四十年ほど前になるでしょうか……。
この町に越してきた頃は、住みよかったです。良い人ばかりでした。
でも私が悪かったのでしょうね。
情けないことに何が原因なのか分からないのですが、いつの頃から嘘つきって、言われるようになってしまって……」
お豊さんの話は続きます。
「主人が杉野さんに、私のことを嘘つきって言っているのを耳にしたこともありました。だから、誰にも信じてもらえず、主人といても心はいつも一人ぼっちだったように思います。……ただ娘と母だけは、いつも私のことを信じてくれました。それだけが救いの人生でした。」
お豊さんの話に、頷くことも出来ずただ黙って聞いていました。
時間が重く流れていきます。

日差しは暖かいのに、
小鳥は楽しそうに、さえずっているのに、
まあばあちゃんには、遠い景色のように見えました。
まるで、時が止まったような錯覚に陥ります。

お豊さんの苦しんでいる心が、
まあばあちゃんに、ひしひしと伝わってきました。

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
スポンサーサイト

嘘つきと呼ばれて……


「お豊さん、ひとりで苦しんで来られたんですね。」
まあばあちゃんの言葉に、お豊さんの返事はありませんでした。
ただ低い嗚咽だけが……。
「お豊さん、うんと泣きなさい。今まで抱えてきた辛い思いを全部、泣いて涙で流してしまうのですよ。そうすれば、心が楽になってきますよ。」
まあばあちゃんは、お豊さんの肩に優しく手を置いていいました。お豊さんはコクンコクンと、流れる涙を拭きもせず頷きました。
まあばあちゃんだって、ウソをついたことがあります。
一度や二度ではありません。ついたウソもいろいろです。

物知りのフリをしたり、
夕飯のおかずをちょっと大げさに言ったり、
すごく貧しいのに、馬鹿にされまいと見栄をはってついたウソ。

お豊さんはどんなウソを言ってこんなに苦しんでいるのか分かりませんが、人間同士、一つの歯車の噛み違いが、どんどんずれて、最後には元に戻らなくなってしまうことがあります。
お豊さんは、その歯車の犠牲者かも知れません。
こうして話していると、
いつもお春ちゃんに聞いているお豊さんとは大分違う人のようです。
影でまあばあちゃんの悪口を言っている人のようにはとても思えません。
それどころか、お豊さんの話し方や雰囲気は、穏やかでお話していると暖かな気持ちになります。
まあばあちゃんは、今まで自分勝手にお豊さんのことを誤解していた自分を恥ずかしく思いました。
「私だってこの年まで長々と生きているんです。大きな嘘も小さな嘘も沢山ついてきたと思います。〝嘘も方便″とも言います。嘘にもいろいろあると思うんです。大切な人を守るための嘘もありますし……
もう、心に区切りを付けて、そのことで悩むのはやめにしましょう。」
まあばあちゃんは、お豊さんを励まそうと力強く言いました。
「でも、嘘つきと言われて送る人生は、とても辛いですよ、恥ずかしいことですよ。」
お豊さんは涙をいっぱいためた目で、まあばあちゃんを見つめて、淋しく笑いながら言いました。

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

悲しくても…つらくても…


まあばあちゃんは、お豊さんの目をしっかり見つめて、こう言いました。
「でもね、お豊さん。もうそろそろ、その殻を破って、悲しみやつらさと戦わなければなりませんよ。自分の心からは逃げられませんから。それが難しいなら、……今まで言われてきたその言葉を、お豊さんの心の壷に閉じ込めて蓋をしてしまうのはどうですか?」
まあばあちゃんは、お豊さんに『嘘つき』という言葉を使いませんでした。
お豊さんの心にまた傷つけると思ったからです。
人の悲しみやつらさというものは幾通りもあります。お豊さんが『嘘つき』といわれた経緯は分かりませんが、よほどの事だったのでしょう。
四十年もの間苦しんで来たんですものね。
まあばあちゃんの言葉を真摯な面持ちで聞いていたお豊さんは、
「……主人も苦しんでいると思います。事の始まりは私の実家のお金の事でした。お金も無いのに、父が自分の家には貯金が沢山あると言って主人に自慢したらしいのです。私たちはお見合いでしたので、仲人さんのお薦めもあって結婚したのですが、後々、実家にお金が無いことが主人に分かって……。その頃から、毎日のように『騙された、騙された』と、言われるように……」
お豊さんは話すのが苦しそうでした。
今までの苦しかったことをまあばあちゃんにみんな聞いてもらいたい、そんな感じでした。
「それは、苦しかったでしょうね。私たちの時代の人間は、我慢我慢でしたもんね。親や主人の言いなりで、自分の思いなんてありませんでしたから。」
まあばあちゃんには、お豊さんの苦しみが手に取るように分かりました。

まあばあちゃん達の若い頃は、親の言いなり、ご主人の言いなり……自分の気持ちや考えが通ることなどありません。
お豊さんのように実家の負い目で苦しんでいる人は少なくないでしょうね……


読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ



読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

悲しい心に、優しい風が……


「ね、お豊さん。私たちの人生もあと少しです。もう、今日を限りでそのことは忘れましょう……。ほら、楽しい事を考えるのですよ。」
そう言って、まあばあちゃんは、シルバーカーからミカンを二つ出して、お豊さんに1つ渡しました。
「まあ、おいしそうなみかん。」
お豊さんは本当に嬉しそうにニッコリ笑いました。
まあばあちゃんもお豊さんに、つられてニッコリしました。
お豊さんは照れ臭そうに、
「私も、杉野さんのようにまあちゃんとお呼びしてもいいですか。」
「えぇ、えぇ。そのように呼ばれると、私も嬉しいです。何だか若返ったみたいで……。少し恥ずかしい気もしますが。」
まあばあちゃんは、そう言うと、頬を染めて小さく笑いました。
「じゃあ、私もお豊ちゃんとお呼びしてもいいですか。」
いくつになってもお友達が出来るというのは楽しいことです。
「本当ですか。私、今までそういう風に呼ばれたことがないんです。とっても幸せな気持ちです。」
お豊さんの心の中で、(お豊ちゃん、お豊ちゃん)まあばあちゃんに呼ばれる声が響きます。嬉しさで胸の奥がジーンとしてきます。
(友達って、いいな。)
そんな感じです。お豊さんの顔が明るくなってきました。さっきまでとは違って生き生きした感じに見えます。

小春日和の日差しに、爽やかな風がサーッと吹きました。
「いい風ですね。」
お豊さんが、スッキリした顔で言いました。
お豊さんの悲しみは深いけれど、心の持ち方でずいぶんと変わるものです。

(お豊ちゃんの悲しみを、この優しい風がみんな運んでくれますように……。)
まあばあちゃんは祈りました。

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

年はいっても……


「お豊ちゃん、おみかん食べましょ。」
不思議ですね。
まあばあちゃん、お豊ちゃんの名前を“ちゃん付け”ですらすら言えました。
遠い昔からの友達だったように、
「お豊ちゃんと呼ばれると幼い頃に戻っていったような気がします。」
と、お豊さんも嬉しそうです。
「なんだか、楽しくなって来ますね。“ちゃん”って付けられると若返った気持ちになってきますね。」
「本当ですね。」
まだ友達になったばかりでぎこちない二人ですが、まあばあちゃんの顔もお豊さんの顔もニコニコしてとても幸せそうです。
いくつになっても友達が出来るって良いものですね。
お豊さんもこれからはまあばあちゃんに、いろいろ話を聞いてもらえるでしょう。
そうすれば、心の負担も少なくなって楽しい時間が多くなるでしょう。
「あら、公園の木の芽、少し膨らんできたように思いません?お豊ちゃん。」
「ほんと! これは桜の木ですね。まあちゃん。」
「そうですよ。お豊ちゃん。春になったら、ここで一緒にお花見しましょうね。」
「えぇ、えぇ! まあちゃん。」
お豊さんは、ほんの少し膨らみかけた小さな小さな桜の若芽をじっと見つめていました。お豊さんの目には美しいピンクの花を満開に咲かせた桜の様子が見えているのかも知れません。
「まあちゃん、私、今とても幸せな気持ちです。これからはもっと自信を持って生きて生きたい。そう思います。話を聞いて頂けて心が軽くなりました。こんなに嬉しかったことはありません」
「良かったですね。お豊ちゃん、」
「ほんとに、まあちゃん。有難うございます。」
お豊さんはそう言って、まあばあちゃんに深々と頭を下げました。
少し日が翳って冷たい風が吹いてきました。ミミちゃんがまあばあちゃんの膝にそばえてきました。さっきまで足元で丸くなって、まあばあちゃんの足を温めていてくれたジロも立ち上がってきました。
「はい、はい、分かりましたよ。」
ジロとミミちゃんは、まあばあちゃんにお家に帰ろうと言っているんです。
「お豊ちゃん。今日は有難うございました。また、お会いしましょうね。」
まあばあちゃんは、ジロとミミちゃんの頭を撫ぜながら、ゆっくりと立ち上がって、お豊さんに、丁寧に」頭を下げました。
「はい、私こそ、有難うございました。」
お豊さんも立って、名残惜しそうに、まあばあちゃんに頭を下げました。
お豊さんに別れを告げて、まあばあちゃんはシルバーカーにミミちゃんを乗せてゆっくり、歩きます。ジロはパタパタと嬉しそうに跳ねながら歩き出します。まあばあちゃんは、振り返って、お豊さんに手を振ります。嬉しそうなお豊さん。
今日も良い日でよかったね。まあばあちゃん。

読んでいただいて有り難うございます。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

喪服



「おばあちゃん、どうしたの? あ……ご不幸?」
まあばあちゃんが六畳間にお葬式に着る和服や小物を並べているので、トモちゃんが驚いて尋ねました。
「お豊ちゃんのご主人が亡くなったのよ」
「今夜、お通夜?」
「ううん。それがね。お葬式は家族葬っていって、もう済ませたんだって……。お線香だけでもあげに行こうと思って。こんな急に亡くなって、お豊ちゃん気落ちしてると思うから」
「以前、見かけた時は、元気そうに自転車乗ってたのにね。」
「そうなのよ。パチンコ屋さんから出たところで、フラフラ倒れて、救急車に運ばれて。そのまま……」
「へぇ……」
「この暑さだもの。みんな参ってるのよ。」
そう言いながら、まあばあちゃんは着物の襦袢に袖を通しました。
「ねぇ、おばあちゃん。着物なんて暑いよ。大丈夫?」
「大丈夫よ。大事なお友達だから、きちんとした格好で行きたいの。」
トモちゃんは、何か言いかけて黙りました。
「どうしたの?」
「ううん……」
「なあに? 気になるでしょ。」
「わたし、お葬式の事って、あんまり知らないけど。おばあちゃん、今日、知ったてことは、町内放送もなかったんでしょ?」
「そうよ。」
「お葬式、終わってるのに、和装の喪服って、重くないのかなって。その……。ひっそり? していたいのかなって……」
まあばあちゃんは、トモちゃんに言われるまで、そんな事、気づきませんでした。
お豊ちゃんは、内々に済ませたいのかもしれません。
「それに、膝も悪いし、お線香上げるの大変だよ。お洋服にしようよ。」
トモちゃんが珍しく、言い募りました。
「心配してくれてありがとう。でもね。大切なお友達だから、やっぱり着物にするわね。」
トモちゃんの気遣いは嬉しかったのですが、まあばあちゃんは、和装で行くことに決めました。


読んでいただいて有り難うございます。
   ポチしてくださると嬉しいです!
    にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

お豊ちゃんのお家へ



「それ、なあに?」
トモちゃんが、ハンドバッグの横に置いてある紙袋の事を聞きました。
「お供え物よ。」
「シルバーカーに入れていくの?」
「そうよ」
「…………」
「さっ、出来たわ。」
最後に紗の羽織を羽織って、姿見で後ろを確認して言いました。
「おばあちゃん、送って行くよ。和装でシルバーカーは動きにくいと思うよ。」
「大丈夫よ。近くだし……」
「はい! 保冷剤を首に巻いて!」
「ありがとう」
トモちゃんは、一緒に行こうと思っていたらしく、車いすを出してきました。制服をキチッと着たままでした。
いつもと違う様子にジロとミミちゃんも神妙にしています。一緒に連れて行ってとは言いませんでした。
外に出ると、夕方といってもまだまだ蒸し暑いです。半袖でも暑いのに、まあばあちゃん和服で大丈夫でしょうか?
「暑いね。おばあちゃん大丈夫?」
「トモちゃんが、冷たいの巻いてくれたから、気持ちいいぐらいよ。」
家を出て、しばらくたった頃、
「あっ」
トモちゃんが思わず、声を上げたのは、邦ちゃんが離婚する前に住んでいた家の前を通った時でした。
割れたり欠けたりした鉢植えがあちこちに転がっていました。
木も枯れてしまって、家が丸見えです。
穴の空いた網戸をそのまま使っていました。
(もう、住んでいないのかな?)
とトモちゃんが思った時、テレビの音が聞こえてきました。
(いるんだ。でも、邦子おばちゃんがいなくなって、この家は死んだみたいになっちゃった。……幽霊屋敷みたい……。おばあちゃんは、なんて思ってるのかなぁ)
そう思って、まあばあちゃんを見ると、そっちの方を見ないようにしているようでした。
(そうだよね。もう、関係ないもんね。)
でも、この家はお豊ちゃんのお隣にあるので、通らないわけにはいかないのです。
もし、あの怖いおばあさんが出てたら、大変です。
(ついてきて良かった……)
と、トモちゃんは思いました。


読んでいただいて有り難うございます。
   ポチしてくださると嬉しいです!
    にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

慰めの言葉



「おばあちゃん着いたよ。はい、私に捕まって」
お豊ちゃんの家の前に来たので、トモちゃんが車いすにブレーキをかけて、まあばあちゃんに手を差し出しました。ところが、まあばあちゃんは考え込んだ様子で、ジッとしています。
「どうしたの? おばあちゃん」
「お豊ちゃんに、なんて言って慰めればいいのか……。この歳になると、身近な人が一人二人と亡くなって、すごく不安になるものなのよ。お豊ちゃんは、娘さんがご主人の転勤で、転々としているし……。どんなに心細い思いしてるのかと思うと、言葉が見つからないの……」
「きっと、会いに行くだけで、救いになるんじゃないのかな?」
トモちゃんは、身近で年の近い人が亡くなるといった経験がないので、まあばあちゃんの気持ちが、よくかりません。でも、自分を心から心配してくれる人がいるという事が一番の慰めになると思いました。
「トモちゃんに言われてることも、気になってるの……」
「わたし?」
「ほら、ひっそりしていたいじゃないかと言ってたでしょ? 押しかけて行って大丈夫かしら……。気になって来たわ……。来てよかったのかしら……。」
「そんな事ないよ。おばあちゃんとはとっても仲良しなんだから。大丈夫。」
そう言って、トモちゃんがインターフォンのボタンに指を当てると、
「ちょっと、待って!」
まあばあちゃんが慌てて止めました。そして、すでに整っている襟元を少しなぞると、
「いいわ。トモちゃん。お願い……」
と言いました。
トモちゃんは、インターフォンを押しました。
家の中に、呼び出し音が響いています。
まあばあちゃんは、自分を落ち着かせようと胸に手を当てました。


読んでいただいて有り難うございます。
   ポチしてくださると嬉しいです!
    にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

お線香をあげに……

「お豊ちゃん……。あの……」
《あ! まあちゃん! すぐ行くわ。ちょっと待っててね。》
お豊ちゃんのしっかりした声が、スピーカーから流れてきました。
トモちゃんは、まあばあちゃんが思うほど気落ちしていないように思いました。
パタパタとお豊ちゃんが玄関から出てきました。
「お豊ちゃんも、足弱ってるんだから、ゆっくりでいいよ。」
「暑いのに来てくれて、ありがとう! 部屋、涼しぃしてるから、上がって上がって!」
お豊ちゃんは、まあばあちゃんが訪ねて行ったことがとても嬉しい様子でした。

ご仏前で手を合わせてた後、お豊ちゃんにお供え物を渡しまた。
「気ぃ使わせてゴメンね。」
「ご主人、突然のことで驚いたわ。」
「あの人、一番暑い、昼の日中でも帽子ひとつ被らんと出歩いてたから。血ぃドロドロやったんちゃうかしら。」
「まぁ」
「あの日は、パチンコ屋の開店日とかで朝一番に並びに行ったの。一日涼しいところにいて、いきなり暑いところへ出たからやないかしら。その場で倒れ込んだらしいわ。」
「そう、今年の夏は特に暑かったから、自分で気づかないうちに弱ってたんやね。ご主人おいくつだったの?」
「私は80才やから、83才やね。」
「そう……」
「あっ、おいしいお菓子があるのよ。ちょっと待っててね。」
「お豊ちゃん、お構いなく……」
まあばあちゃんが言うと、
「ううん。まあちゃんが家に来てくれて。トモちゃんまで来てくれるなんて……! 」
お豊ちゃんは、……いつものお豊ちゃんでした。
お豊ちゃんが気落ちしているに違いないと思い込んでいた、まあばちゃんは拍子抜けしてしまいました。
お豊ちゃんはいつもご主人の事を気遣って、大切にしていたので、食事ものどを通らないくらい落ち込んでいると思っていたからです。
(ガックリきて体を壊すよりはいいけれど……)
どうも釈然としない、まあばあちゃんでした。


読んでいただいて有り難うございます。
   ポチしてくださると嬉しいです!
    にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

思わぬ言葉

思わぬ言葉

「お母ちゃん、どなたか亡くなったの?」
6畳間に掛けてある喪服を見て、トモちゃんのお母さんが聞きました。
「……お豊ちゃんのご主人が……」
「この間、お見かけしたけど……。熱中症か何か?」
「え? えっと……、ねえ、トモちゃん、お豊ちゃんなんて言ってたかしら?」
まあばあちゃんの声が小さかったのか、返事がありません。
「トモちゃーん!」
もう一度、大きな声で呼んでみました。
「ハーイ。なに?」
「お豊ちゃん、ご主人の病気なんて言ってたかしら?」
「えっ? 言ってなかったよ。パチンコで負けてばっかりいてる話してたやん。あと、パチンコ屋で倒れて、救急隊員の人が連絡してくれて慌てて病院に駆けつけたって……。で、そのまま……」
「それだけだったかしら?」
「もー! 一緒にいたでしょ! それを何回か繰り返し聞いて帰って来たの。」
トモちゃんは、ぜんぜんお話を聞いていなかったまあばあちゃんに呆れています。
まあばあちゃんは、ションボリしてました。
「お母ちゃんは、突然ご主人をなくしてガックリきてる、お豊おばちゃんの事を心配し過ぎて、頭に入ってこなかったのよ。」
とお母さんがトモちゃんをいさめるように言いました。
「でも、元気そうだったよ。」
トモちゃんは、不思議そうな顔で言いました。
「お豊おばちゃんが?」
トモちゃんの言葉が意外で、お母さんは言葉が続きませんした。
「うん。なんかスッキリした顔してた。あんまり悲しそうじゃなかったよ。」
「……そう」
(気難しそうなご主人だったけど、お豊おばちゃん、すごく大事にしてるように見えたけど……)
トモちゃんのお母さんは、トモちゃんから思わぬ言葉を聞いて、考え込んでしまいました。


読んでいただいて有り難うございます。
   ポチしてくださると嬉しいです!
    にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ


読んでいただいて有り難うございます。
もし良かったら、ポチしてくださると嬉しいです。 にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
sidetitleプロフィールsidetitle

堺の町のまあばあちゃん

Author:堺の町のまあばあちゃん
堺の町に住む、ひとりのおばあちゃんのお話です。
住み慣れた町の人々との交流や孫のトモちゃんや犬のジロとの生活を通して力強く生きていく姿を物語に書きたいと思います。 
宜しくお願いします。
良かったらポチお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitlePRsidetitle


sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitlePRsidetitle


アフィリエイト・SEO対策



sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR